『IBJサミット』って??ちょっと違った目線で書いてみた!

イイノホールから見た霞が関

2018年6月6日 内幸町のイイノホール。
そこで【IBJサミット】が開かれた。

そもそも婚活市場と関わりのない人にとって【IBJサミット】って一体何やねん?
そんな声も聞こえてきそうだ。

私の目線でIBJサミットをどう感じて欲しいか・私の思い・今年に入って出会った学問
全てが交錯して筋が通らない文章になりそうだがどうか大目にみていただき、6月6日の出来事をご紹介したい。

IBJサミット2018

株式会社IBJとは、東証一部上場企業。
コミュ二ティ(婚活サイト)事業
イベント(パーティー・合コン)事業
直営結婚相談所事業
結婚相談所連盟事業
フランチャイズ事業
ライフデザイン事業
などをされている。

当社は「結婚相談所」なので、この中の
『結婚相談所連盟事業』に加盟している独立した経営主体の結婚相談室となる。

今回、初めて「結婚相談所連盟事業」の加盟店もIBJ内部スタッフが集うサミットに参加できる事に。
「IBJをもっと理解し、そして伝えていく。」ために。

そして当日は、北は北海道・南は鹿児島。加盟店の中で申込みした200社以上が集まり、満席。

落語家の春風亭昇吉さんの司会で幕が開き
エレクトリックユニット STORM の演奏。

そして、結婚相談所連盟事業の表彰へ。

実はこの「日本結婚相談所連盟」の登録会員の男女比が、関東と関西は
圧倒的に女性が多いのだ(*_*;
【男性4:女性6】
※消費者目線で言うと、男性は絶対優位!※

それを何とかバランスよくするために
IBJ男性婚活プロジェクトなるものが発足した。

男性会員獲得の為に、加盟店が4社以上のチームを組み
知恵を絞って様々な試みをするのである。

その一つの区切りでこのサミットにて関東と関西とMVP賞のチーム発表。
関東は村野先生率いる「メンズ婚トレ」チーム。
関西は藤井先生率いる「チーム輝」。
IBJサミット男性婚活受賞
私もチーム輝の一員として壇上に上がらせていただいた。

結婚相談所は個人事業主がほとんど。
だから組織で動くことはあまりない。
今回このようにチームを組むことにより、
相互に協力し合い、一つの目標に向かって、新たな取り組みが出来たことは素晴らしいことだと思う。
それに、数字が伴い受賞したのが関東チーム。
我々関西チームは“超超ベテラン仲人”ばかりで「自分で動く」「人づて」という
基本を忘れず、行動した事を評価していただけた。

仲人という仕事は江戸時代からあるようだが、今はその存在が「結婚相談所」という形に変わっている。
でも「輝」の諸先輩方は「仲人」としてすべきこと「プライド」「これが日本を救うのだ」とも言わんばかりの
誇りを持っている。私にはまだまだその覚悟が出来ていない(-_-;)
IBJサミット男性婚活受賞
素晴らしい諸先輩方のトークは「ほいけんた」さんとの掛け合いで笑いの渦へ!

次は、関東・東海・関西の代表相談所による【成婚秘話】

結婚するまでには、どんなTVドラマよりも、感動的でロマンチックで、素晴らしい出来事が待っている。
それを4名の先生方が、熱く語ってくださった。
笑いがあっても、やっぱり涙無くしては聞けない、感動の物語ばかり。

IBJサミット成婚秘話
結婚相談所って、「胡散臭いしーー」「高いだけやし、、、」「ただサイトで相手見るだけや」
「入ったら結婚できるから、最後の砦やん。」
そんな風に思っている独身男女がいるなら、本当に聞かせてあげたい。

相談所に入会して“本気”で活動している会員は、真剣勝負!
もちろん、受けて立つ??相談所のカウンセラーも真剣勝負!

それくらい、活動する方が「覚悟をもって」してくださるから、次のシーンが
素晴らしい出会いだったりするんです。

「私、福山雅治みたいなひとがいい!」「顔は文句言わんけど、ジャニーズ位の雰囲気で」
「新垣結衣みたいな人」「深キョンみたいな雰囲気がいいなぁ」

そんなことを言っている人にも聞かせてあげたい。
あなたたちは「結婚」に何を求めているのかを??

事実のストーリーを聞くことで自分に何が足らないのかを。

最後は株式会社IBJの社長である石坂さんのお話が50分!
これがとにかくヨカッタ!

IBJサミット石坂社長

あまりに高度な事ばかりで、上手く伝える事が出来ない、、、。

ここからは私の気持ちだけで語ってしまうので、支離滅裂になる事許して欲しい!

人口が減り続けている日本。
人出不足の解消として、ロボットやAIが私たちの生活に大きく踏み込んでくるであろう。

独身男性も考えて欲しい。自分の今している仕事は実はAIが取って代わるかもしれない。
それで、年収半減。なんてことにもなるかもしれない。
それが今の時代の流れなのだ。

決して時代が変わろうとも変わらないモノ、それが「人」だと思う。
結婚とはその最たるもの。
人と人が出会い「婚姻」という形をなす。

1970年には50歳で結婚していない人は男性は1.7%、女性が3.33%!
男性では98%以上、女性も96%以上の人が結婚していたのだ。
現代はどうか?
生涯未婚率が男性23.4% 女性14.1%にも上がっている。

この結婚しない人たちをどうすればいいのか?

恋活アプリやパーティーなど様々な出会いの場はある。
でも「結婚相談所」って皆知っているだろうか?

漠然としか知らないのではないだろうか?
実は最も人間成長が出来て、出会いの効率が良いことを。

そしてそれを繋ぐのが私たち相談所にいる「仲人」である事を。

98%もの人が結婚していた時代から激減したもの、それは「お見合い」だ。
昔はお節介おばさん仲人が必ず「縁談」を持って来ていた。

今は、自分から「縁談」をつかみ取る時代。
自分で掴めるなんて、こんな素晴らしい事は無い!

人生の大きな節目、進学・就職・結婚。
この「結婚」必ず皆が通ってほしい。

きっとそこには素晴らしい感動秘話が待っているだろうから。

そしてIBJは日本の成婚数3%を生み出すことを目標としている。

その為には私たち相談所に携わっているものが、「結婚相談所」の良さを伝えなければいけない。
そう感じた時間。

そして、結婚したくない人たちを婚活市場へ引き上げてくる「耕し」も必要だと、切に感じた。
私たちがしなくては。

超超ベテラン仲人様が築いてきた時代の知恵を、今の時代に置き換え、
良い所をきちんと伝えていく。その大事さをかみしめた一日でした。

IBJサミット 関西仲人